お金 貯金 100万円

1年間で100万円!1ヶ月でいくら?

普段の生活のなかではなかなか貯められない…なんて、誰もがおもっているのではないでしょうか。消費税もアップして、買い物するたびに税金の重さを痛感してしまいます。格差社会とも言われる現在ですから、その重みもひとしおです。

 

貯金をする際、まずは毎月どれくらいの収入があるのかをしっかりと把握しなくてはいけません。収入を正確に把握する事で、貯金に対してどのような姿勢をもって挑めばいいのかがおのずと見えてきます。把握した収入を元に、100万円といった目標金額を設定していくのもいいですが、あきらかに「厳しいかな…」といった感じであれば、可能な、それでいてちょっと厳しさも感じられるような目標金額を設定するといいでしょう。

 

ちなみに、1年間で100万円を貯めなくてはいけないとなると、1ヶ月当たりどれくらいの貯金をすればいいのでしょうか?それは、「100万円÷12ヶ月」の単純計算から、83,300円といった金額を出す事ができます。こうして実際に数字にして表してみると結構な金額になっており、「この数字は正直辛いな…」なんて思ってもしまっても無理がありません。毎月の収入からみて厳しい人は、100万といった数字にこだわることはやめ、自分でできる可能な範囲で設定するようにしましょう。


その買い物…本当に必要ですか?

毎月の収入を把握する事ができたら、次に銀行や郵便局などの使用している口座を見直します。できるのであれば、毎月の支出別に分けたいもの。いくつかの口座を持っている人は、家賃、水道光熱費、通信&自己投資、娯楽、貯金といった項目で使い分けてみるのはいかがでしょうか。合計4つの口座が必要となりますが、こうしてはっきりと分けておくことで、何に一体どれくらいお金を払っているのかがわかりやすくなります。

 

もちろん、貯金用の口座には、1年間で100万円を貯めたいと思っているのであれば83,300円を。そうでなければ、設定した目標金額を12ヶ月で割った数字の金額を入れていくようにしましょう。これをコツコツおこなっていれば、やがては大きな大金となります。

 

また、貯金をするなかで基本となるのが、不要なものは買わない事です。「あっ、これかわいい」とついつい購入してしまいたくなりますが、そこはぐっと我慢。その時に必要と思ったとしても、その多くが不必要だったりするのです。

 

無駄なものにお金を使うことは、お金をなくす事になります。例えば、無料で変える形態があるのにもかかわらず、高い携帯を買ってしまったり。ブラブラとウィンドゥショッピングをしていて、ふと目についたものを必要なものでもないのに衝動買いしてしまったり…。お金の支出をよく見てみると、思っている以上に不用品を購入していることが多く目立ちます。毎月数万といった金額を使ってしまっている人もいるのですから、これには気をつけたいものです。


昔からある!?500円貯金術

お金を貯められない人の特徴として、ついつい衝動買いしてしまうことが挙げられます。その時は必要だと思って買っても、思っていたよりも使わなかったりと…別になくても大丈夫なものばかりとなるのです。こうした買い物をしている人というのは、少ない金額と思いきや数万といった単位になることもあり、改めて計算してみると驚いてしまいます。こうした無駄な支出を見直し、減らすことで節約となり、貯金も貯まるようになるのです。

 

貯金方法として効果的なのが、500円貯金。地味なイメージがありますが、意外とこれでお金が貯まっていくのです。なぜかというと、500円貯金はお金が貯まっていく事を実感する事ができますので、やっていて楽しくなってくるのです。

 

500円硬貨は他の小銭に比べてそこまでかさばりませんし、なによりも計算しやすい。重みが増すにつれて、貯金しているといった実感をひしひしと感じるようになるのです。買い物をしていて500円硬貨がお釣りとして渡されたら、それは貯金箱に入れるようにしましょう。もしくは、自分で500円硬貨がお釣りとして出るように計算してもいいですね。


貯まるポイントをしっかりと守る

普通に生活しているだけなのに、なかなかお金が貯まらない…誰もがそんな風に思っています。でも、数字を見ることで認識し、無意識におこなっていた無駄使いなどを注意することで、かなりの節約&貯金をすることができます。たとえ手取りが20万だったとしても、頑張ることで100万近い金額を1年間に貯める事ができるのです。

 

ポイントとしては…

 

@目標額を設定し、1ヶ月にいくらの貯金を心がければいいのかしっかりと設定する
A収入と支出をしっかりと把握する
B家賃・水道光熱費・通信費、自己投資費、娯楽費、貯蓄といった感じに、それぞれに口座を作ってお金を管理する。

 

これらのポイントを守る事で、1年後にはかなりの金額が貯まる事となります。そんなに難しい事ではないの、本当に貯金をしたいと考えているのであればできないことではないはずです。ここは気を引き締めて取り組んでいきたいですね。

 

 

即日入金キャッシングする時は自分のお財布、キャパを考えて借りましょう